珈琲にこだわっています


by mhokkun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

出雲大社②

こんこんとわき出る水で清めて、いよいよ「大国主神」がいる境内へ進みます
d0049066_9514780.jpg

「銅鳥居」(四の鳥居) 正面には、立派で大きなしめ縄がある「拝殿」が見えます
でも、まず、「銅鳥居」をくぐったら、左側にある「神牛、神馬」へ
d0049066_952238.jpg


そして、次は東十九社、西十九社へ(西十九社は遷宮のため参拝できませんでした・・・)
d0049066_9593586.jpg

「拝殿」へ進みます(日本一大きいしめ縄は「神楽殿」にありますが・・・行くの忘れました
d0049066_9554354.jpg

拝殿の裏に「八足門」があり、その奥に「本殿」があります
d0049066_1025684.jpg

「本殿」に“大国主神”が祀られているのですが、大国主神は西側に向いているとのことで、「八足門」に向かって左側へ進みます。(なぜ、西に向いているのか?なんでも、「多紀理比売命」の方を向いてるとか、この命は本妻ではないのですが・・・本妻「須勢理比売命」の方には背中を向けています。
d0049066_1010161.jpg

真ん中の社が「本殿」、左前に鎮座している社は「筑紫社」(多紀理比売命が祀られています)
更に奥へ進むと「素鵞社」ですが、遷宮のため改修中
d0049066_1016297.jpg

右回りして後方へ行くと「御向社」(須勢理比売命)(写真左から二つ目)・「天前社」(蚶貝比売命)(写真左側)が祀られています
d0049066_1021271.jpg


d0049066_10362362.jpg

「釜社」
d0049066_10361293.jpg

「素鵞社」の稲佐の浜砂を奉納する仮場所となっていました。
d0049066_1036071.jpg

出雲大社は「神」が宿 場所だと十分感じられました。
d0049066_10354843.jpg

[PR]
by mhokkun | 2014-06-24 10:40 | 日記